悟りの瞬間 悟りの門 悟りの招待席 成功の黄金律
悟りの瞬間 悟りの門 悟りの招待席 成功の黄金律


利口な「ふり」


人々は普通、頭がとびぬけてよい人、
利口な人が立派な人だと思いがちです。

昔から王は臣下を選ぶとき、英明な者を選んだのでは
ありませんでした。誠実な者を選びました。
自ら自分が利口だと思っている人は、
自らの利口さを外に誇示しようとします。

そうすることによって、彼の欲望は次第に膨らんでいきます。
そんな人はいつかは上の者の地位を奪おうとするに違いありません。

だから昔は利口な人は使わなかったのです。
ただ言うことを良く聞いて仕事のできる「イエスマン」
のような人を歓迎しました。

下の者が自分よりぼんくらであってこそ、
自分の地位が確固不動のものとなるのであって、
自分よりも利口な者が下にいる場合は、
自分の地位はいつでも不安にさらされることになるのです。

・・・中略・・・

皆さんは外で利口なふりをしないように願います。
元来利口なのはどうしようもないが、利口な「ふり」と
いうやつはどこに行っても壁を作るからです。

だからといって、馬鹿なふりもやめて、
「ふり」の世界から抜け出さなければなりません。
それは易しいことではありません。

皆さんが本当に「ふり」の世界から抜け出すためには、
どうしても悟らなければなりません。

「悟りの瞬間」より


→素空慈先生に関するお問い合わせはこちらから


・真の悟りとは
・超験とは




タグ:悟り 超験
posted by Only Sir at 12:13 | Comment(28) | TrackBack(2) | 日記

悟りの痛み


ここに集まった皆さん方は悟りを得ようとやってきたはずです。
そしてその状態に至ろうと努力しているはずです。
ところが、いつの間にか皆さんは依存しようとしています。
私に、あるいはこのセンターに依りかかって何かを貰おうとしています。

悟りはそんなふうにしては得られません。
悟りとは、そのようにして求めることのできるものではないからです。

皆さんがここに入門したら私に皆さんのすべてを任せよと言うのは、
皆さんの重荷を減らし、また皆さんの力を集中させてやるためです。
皆さんは、私にしがみつこうとしてはなりません。
私から何かを得て自分のものにしようとしてはなりません。

そうすれば、皆さんの荷はますます重くなるばかりです。
皆さんがあちこち引き回されて翻弄されるその心の世界を
ここに降ろして、今皆さんは皆さんのエゴの世界を
えぐって入らなければなりません。

今皆さんのしなければならないことは、
皆さん自身の世界を抜け出すことなのです。
それは生易しいことではありません。

女たちは結婚して子供を生みます。
子供を生むということは易しいことではありません。
子供を生む瞬間には、あらん限りの力を尽くさなければなりません。
死力を尽くさなければなりません。

それでこそ、そこに新しい誕生があるのです。
木が実を結ぶのも同じことです。何であれ、一つの結実が
あるためには、そのように死力を尽くすことが必要なのです。

女性が子供を生むとき、それは自分のために
生むものではありません。子供のために生むのでもありません。
誰のために生むのでもありません。
そんなことを考える暇はありません。

今、この瞬間に死力を尽くさなければならないのです。
まさにそのようにあらん限りの力を尽くさなければ、
皆さんに変化は生まれません。皆さんは必ず
そのような過程を経なければならないのです。

「悟りの瞬間」より


悟りは、依存によって得られるものではなく、
その依存心を打ち壊し、痛みに耐えながら、
そこから抜け出たときに、はじめて得られるものなのでしょう。
あたかも、痛みに耐え、新しい生命、新しい変化を生み出すように。


→素空慈先生に関するお問い合わせはこちらから


・真の悟りとは
・超験とは






タグ:悟り 生命 エゴ
posted by Only Sir at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

無極に至る道


磁石を見れば、いつも一方の端はN極でもう一方の端はS極です。
ひとつの磁石はこのような相反する性質を同時に持っています。
もし皆さんがN極の性質が必要で、その磁石を二つに切ったとすれば、
それはまたN極とS極に分かれてしまいます。

必要なのはN極で、S極は要求しませんでした。
なのに磁石はそうなってはくれません。

さらに半分のそのまた半分の半分・・・・・・というふうに
割っていって原子の状態になるまで割り続けたとしても、
結局はその原子もやはりN極とS極からできている
ということが分かるだけです。
それは万物が成り立っている理だからです。

皆さんは片方だけを望んでいます。
喜びと幸福と愛と平和だけを望んでいます。
しかしそれは手に入れることはできません。
皆さんがもっと賢明ならば、相反する二つを同時に
理解しなければならないのです。
作用と反作用、創造と破壊を、同時に理解しなければなりません。

もし皆さんがこの相反する二つの性質を明確に理解するなら、
皆さんの住んでいる世界が巨大な想念の建築物だという
ことが分かることでしょう。

その世界でいくら巧妙にあるいは立派に生き残ったとしても、
それは実に虚しいことだということが分かるでしょう。
そしてそれは非常に危険なものだから、その場所から
抜け出さなければならないということが分かるようになるでしょう。

皆さんが生きている世界、それが外部の世界であれ、
あなたの内面の世界であれ、その世界から抜け出さなければ
ならないということがはっきり分かるようになるでしょう。

その時、皆さんは真に渇きを覚えて、
悟りを求めようとすることでしょう。

「悟りの瞬間」より



「人生山あり谷あり」といいますが、
生きていれば、楽しいことも、辛いこともあります。
そして、辛いときには、心が落ち込んでしまい、
楽しいときには、これが一生続くことを願います。

ですが、世の中はN極とS極にように
必ず二つの性質(太極)を持ち合わせており、
どちらか一方のみを選ぶことはできません。

ただ、この二つを受け入れ、抜け出すことが、
まさに「悟り」であり、無極に至る道ということができるでしょう。

→素空慈先生に関するお問い合わせはこちらから


・真の悟りとは
・超験とは





タグ:悟り 無極 太極
posted by Only Sir at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。