三次元空間からの脱出


最新科学の分野では、次元の問題が興味ある課題として
議論されています。

一次元は点が集まってできた線の世界で、
その中では点の線上移動しか表現することができません。

二次元は直線と直線が交差した世界、すなわち面の世界です。
ここでは三角形だとか四角形だとかいう面の形を作ることが
できます。

三次元は面と面が交差した世界、すなわち空間の世界です。
この中では立体の姿が成立します。

四次元は時、空を合わせた次元です。
すなわち三次元にもう一つの時間軸が交差した世界、
時空四次元――空間の世界に流れている時間の世界を
合わせた世界です。


人は二次元と言えば面の世界を想像します。
そこは平面が存在するだけで深さや高さは存在しないだろう
と考えます。それは間違った言い方ではありません。
しかし人はもっと根本的なミスを犯しています。
人が想定した二次元の世界は、人間の規定した人間の二次元
なのです。

皆さんは言うでしょう。
「ああ、これが二次元なんだな」と。
しかしそれはあなたの理解したあなたの二次元なのです。

もっと厳密に言えば、一次元とか二次元だとかいうのは、
すべて三次元空間に住んでいる人間が推定して作り上げた
仮想の世界なのです。
それは人間の作ったものです。

皆さんが自然と呼ぶものは自然ではありません。
それは人間の見る世界でもって規定された自然だと言うのです。
皆さんは自分の見ている世界を固定して考えています。
そのような無意識的な誤りを誰もがしでかしています。

自然はそんな世界ではありません。
ならば、と皆さんはまた聞くことでしょう。
「人間が規定していない自然などという世界が果たして
存在するのでしょうか」

あります。それは明らかに存在します。

それはまさしく皆さんと、皆さんを含むこのすべての世界
であります。皆さんがそれをいかなる規定も、いかなる判断も
下さずにただ見つめることができたなら、
皆さんは自然それ自体と出会うことができます。
そして極めて明瞭に、確然とそれを感じることができるのです。

それゆえ、くり返して言いますが、皆さんが自分の世界、
自然の世界をはっきり知るためには、どうしても皆さんの、
規定し判断する世界を、まず知らなければなりません。

それをまずはっきりと知り、それを征服したとき、
自然はあなたの前にその隠されたベールを脱いで姿を現すのです。
まずあなたがあなたのベールを脱いだなら、
自然もまたその生まれたままの体をあなたに任せることでしょう。


「悟りの瞬間」素空慈著 塩田今日子訳 地湧社







タグ:悟り 超験
posted by GOLDEN KID at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

悟りは全体への道


「犬にも仏性がありますか」「ある」
「ならば禅師様にも仏性がありますか」「わしにはない」

学僧がなぜこんな質問をしたのかをまず知る必要があります。
彼が仏性について聞いたならば、禅師はただ仏性について
答えたことでしょう。
犬にも仏性があるのかと聞いて、あると答えたならば
そこで話は終わっていなければならないはずです。

学僧は自分の持っている世界でもって
禅師の世界を映してみようとしました。
自分の観念の世界で禅師を試してみようとしていました。
禅師はこれを正確に看破してかんぬきをかけてしまいました。

「わしにはない」

惟寛禅師は悟った人です。
惟寛は「ない」と答えました。
それは惟寛に仏性がないからないと答えたのではなく、
すでにそこから抜け出した人であるために、
抜け出した世界を教えてやるためにないと言ったのです。

学僧はテンポを合わせられず、
遠くから追っかけて来るので息切れしています。

「諸庶の衆生に仏性があると言うのに、
禅師様だけはどうしてないとおっしゃるのですか」
「わしはすでに諸庶の衆生ではないからである。
諸庶の衆生の世界から抜け出したからである」
「ならば、衆生でないなら仏ですか」
「わしは仏でもない」

勿論ここで禅師がそうだと答えてもよかったはずです。
しかし禅師は学僧にもう一歩踏み出せてやるために、
さっき理解できなかった言葉をはっきりともう一度
教えてやるために、再び新しい道を示してやっています。

そうではない。仏ではない。お前の考えるそんな仏ではない。
そんなやり方でこの世界に来ることはできぬ。

事実悟ってしまえば仏も衆生もないのです。
全体になってしまうからです。
仏の世界は衆生の衆生の世界を包含しているのです。

部分として存在するときは、やれ仏だ衆生だとあれこれ
うるさく区別しますが、全体的な存在にとっては
そのような区別は必要ありません。


「悟りの瞬間」素空慈著 塩田今日子訳 地湧社







タグ:悟り 仏性
posted by GOLDEN KID at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

禅の不思議な世界


《惟寛禅師》
惟寛という禅師がいた。ある学僧が尋ねた。
「禅師様、犬にも仏性はありますか」「ある」
「ならば禅師様にも仏性はありますか」「わしにはない」
「もろもろ(諸庶)の衆生に仏性があるというのに、
禅師様だけはどうしてないとおっしゃるのですか」
「わしは諸庶の衆生ではないからである」
学僧がまた聞いた。
「ならば衆生でないなら仏ですか」「わしは仏でもない」
「ならば一体どんな物ですか」「物でもない」
「見たり考えたりすることはできますか」
「考えることも議論することもできぬ」


禅師の言葉は頭も尾尻もありません。
彼には言葉の始まりも終わりもありません。
悟った者と話をするとき皆さんは、皆さんの思考と観念は
大変じれったく感じることでしょう。
惟寛禅師のように悟った人と話をすれば、
このようなつかみ所がなくなってしまうからです。

「犬にも仏性がありますか」

仏性というのは、現在自分の持っているエゴ、
自分の持っている自分の世界から抜け出すことのできる権能のことです。
キリスト教で言う原罪というのも同じ意味を内包しています。
現在自分の持っている自分の世界は必ず抜け出さねばならない
ものであるがゆえに、それを原罪と表現したのです。

原罪を正しく理解した人なら、すぐにこの言葉の意味が分かることでしょう。
皆さんが固執している世界はまさしく皆さん自身が作り出したものであるから、
そのように作り出される以前の世界に還らねばならないという
根本的な理が原罪なのです。


「悟りの瞬間」素空慈著 塩田今日子訳 地湧社







posted by GOLDEN KID at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記