悟りの生


悟った者は、大変自由奔放です。
もしも事業に失敗したとしても、失敗するのは事業だけです。
彼はいかなる打撃も受けません。

彼の全体性は相変わらず平安さを保っています。
事業の失敗さえも、全体性の中では調和を成しています。

彼にとってはああでもいいし、こうでもいいのです。
彼は病気でもかまいません。
それが不和を起こすことはありません。
彼の体が病むだけで、その病気は全体的な調和の中で存在します。

彼が病んでいる姿は美しいものです。
あまりにも自然だからです。
また、事業の失敗や体に生じた病も
容易に回復することができます。
見えない世界から見えない力を引き出すこともできます。

自分自身を征服した者は、
誰によっても苦しめられることがありません。

「悟りの瞬間」より



人生において、病や失敗はつきものです。
そして、多くの人はこれらに心が奪われてしまいます。
また、病や失敗を前にして、
「病気になったらどうしよう」
「事業に失敗したらどうしよう」
という、不安に人はいつもかられています。

そうした意味で、悟りとは、
あらゆる障害に決して奪われない空っぽな心と言えます。

そしてさらに言えば、悟りとは、
あらゆる事柄に、影響を与えてゆける力とも言えます。

そのための生が、「超験」であります。

→素空慈先生に関するお問い合わせはこちらから


・真の悟りとは
・超験とは






タグ:悟り 超験 事業
posted by Only Sir at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35426985

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。